お金を借りる

返済計画の立て方

お金を借りるメドはついていても、しっかりとした返済計画があった方が良いでしょう。 融資してくれる会社が返済計画を立ててくれる場合もありますが、できましたら、自分でお金を借りる前に返済計画を立てておくをオススメいたします。

まずは、自分がいくら毎月返済に充てる金額を用意できるか知っておくことです。返済能力を把握することから、返済計画は始めます。返済可能な金額に沿って借入金額を決めましょう。 お金を借り入れる場合は、できるだけ低い金利の会社を選びましょう。

金利が高いと返済が思うように進みません。少しでも利子を少なくするようにします。一回払い、ボーナス払い、リボ払いなど、返済の仕方にも金利の違いがあるので、事前に確認しておきましょう。なるべく無理がない程度で、短期間で返済すればするほど金利もかさ張りません。 また、住宅ローンのような長期に及ぶ返済は、特に金利や返済方法に気を配る必要があります。

「元利均等返済」や「元金均等返済」のど返済の仕方も様々です。主に「元利均等返済」で返済する方が多いですが、毎月の返済額は一定に保てるメリットはありますが返済当初は、利息分を返済している割合が高いため、元金はあまり減らないというデメリットもあります。繰上げ返済を賢く使って元金を早く返済するような工夫もしたいところです。

消費者金融やカードローンでは、毎月決められた金額を返済することになりますが、大体、随時返済を行うことができますので、自分で決めた返済計画に余裕が出てきたら利息額を抑えるために随時返済で少しでも早く返済するようにしましょう。また、消費者金融などが提案する返済計画は毎月比較的少額に設定していますが、それだけ利息を多く払うことになります。