お金を借りる

返済を滞納し続けるとどうなるの?

借金を滞納し続けるとどんな状況が待っているのでしょう? 借入会社によって違いはありますが、まずは電話や手紙などで催促する会社が多いようです。何回か催促の電話などを繰り返しても、返済されない場合は自宅に訪問し催促を行う会社もあります。これは時間や取り立て内容が守られていれば、自宅へ訪問することは禁止されていないからです。さらに、滞納が数ヶ月に渡ってしまったり、支払い催促を無視したりすると、自主的には全く支払う意思が無いものと判断されてしまい、次の段階の取り立てが始まってしまいます。

今までの支払い督促には法的に拘束力はありませんが、だからといって放っておくと、借入会社が次に法的手続きを行い強制執行の手を打ってきます。裁判所を介しているため、法的な拘束力を持つことになります。

借入会社訴えを起こして、裁判所から通知がくることになってしまいます。会社に通知がいき、会社に借金を滞納していることがばれてしまいます。会社を辞めざるを得なかったり、最終的には、給料の一部を差し押さえらたりする可能性もあります。

また、全額返済を要求されることもあります。これ以上、返済が難しい人に差し押さえを行うことが多いようです。自宅などが差し押さえられてします可能性もあります。 滞納している期間が長ければ長いほどどんどん不利な状況に陥っていきますので、なるべく早くに対処して滞納しないように解決策を施しましょう。 お金をかりる方法はいろいろありますが、決して無理な借入はせずに計画的に利用することが大切です。