お金を借りる

お金を借りる前に生活保護の申請方法を知る

生活保護は、生活に困窮している人のために最低限必要な生活を保護されるための制度です。まずは、生活保護を自分が受けることができるかどうか知る必要があります。ネットなどで自動で調べるソフトなどもありますが、自分の住む地域が所管している福祉事務所の生活保護担当の窓口で相談、申請をすることができます。

生活保護受けることができる条件をまずは見てましょう。まずは、下記の条件を満たした上でなければなりません。

①まず、預貯金や生活に使用されていない土地や家屋などがある場合は、それを売却して生活費に充てなければなりません。
②また、働くことが可能なら自身の能力に応じて働かないといけません。
③年金や手当など他の制度を活用できる場合はそれらを活用していなければなりません。
④親族などから援助が受けることができる場合もそれらを受けねばなりません。


以上の条件を満たした上で、世帯の収入と厚生大臣が定める基準と比較してその収入が必要最低限の生活費を満たしていない場合は、生活保護を受けることができます。 保護を受けることができる金額は、厚生大臣が定めている最低基準の生活費に満たない場合、そこから自分の収入を差し引いて、足りない金額分を支給してもらうことができます。 福祉事務所で保護の申請をしてもらい、上記の調査を行ってもらってから毎月支給してもらうことができます。

生活保護の申請には、必要書類は特に必要ありませんが申請後の調査のために世帯収入、資産状況がわかる資料を提出しなければならない場合があります。 まずは、福祉事務所の生活保護担当窓口に相談することから始めることが肝要です。