九州電力(九電)の【電気料金プラン(スマートファミリープラン・スマートビジネスプラン)など】

スポンサーリンク

九州電力(九電)【電気料金プラン(スマートファミリープラン・スマートビジネスプラン)など

スポンサーリンク

《九州電力(九電)のお得な電気料金プラン》

【スマートファミリープラン 】

スマートファミリープランは、「2年契約割引」を適用することにより、大きく得になるプランです。

電気使用単価は使用量により 3段階に分かれているのですが、最大単価の部分が従来の従量電灯Bのプランと比べ割安となっているため、一般家庭において電力使用量が多い世帯にはピッタリのプランです。

 

【スマートビジネスプラン 】

スマートビジネスプランは、電気使用量の多い個人商店や事務所など向けのプランです。

季節や時間帯、電気使用量に関係なく使用単価は常に一律です。

 

従量電灯Cのプランと比べて、月の使用量が 550kWh以上の場合にはメリットがあります。

 

【電化で ナイト・セレクト21 】

夜間の電力使用単価が割安なプランです。

21時から翌7時までが割安の時間帯になります。

夜間にメインに家事をする方にオススメです。

 

【電化で ナイト・セレクト22 】

22時から翌8時までの使用単価が割安なプランです。

昼間は仕事で在宅せずに、夜間や朝に火事をする方向けのプランとなります。

 

【電化で ナイト・セレクト23 】

23時から翌9時までの使用単価が割安なプランです。

完全に夜型生活の方や、明け方から朝にかけて一気に家事をしてしまいたい人にはピッタリです。

 

 

【従量電灯B 】

一般家庭向けの、使用量の少ない世帯向けの契約プランです。

契約電流に段階があり、使用単価が使用電力量によって、3段階に変化していきます。

 

基本料金も使用のアンペアが大きくなるにつれ、高く設定されています。

 

昼間は仕事などで在宅の頻度が少ない世帯や、規則的な生活のパターンを送られている場合には他プランの検討がおすすめでしょう!

 

【従量電灯C 】

家庭向けではなく、企業や商店などを対象としたスタンダードなプランです。

従量電灯Bと同じく、契約電流に段階があり、使用単価が使用電力量によって、3段階に変化します。

 

従量電灯Bとの大きな違いは、基本料金が使用アンペアには関係ないところです。

 

【高負荷率型電灯プラン(高負荷率型電灯) 】

こちらも、従量電灯Cと同様に家庭向けではなく、基本的には企業向けのプランです。

従量電灯Cよりも、基本料金と夜間以外の料金が高く設定されている代わりに、22時から翌朝8時までの夜間の料金が大幅に安く設定されています。

 

また、夜間以外の料金は、夏(7月1日~9月30日)の方が割高なのも特徴です。

夜間に電力を大量に使用する企業にはお勧めのプランでしょう!

 

 

スポンサーリンク

九州電力(九電)のホームページって一体、何が出来るの?

九州電力 ホームページ:https://www.kyuden.co.jp/

九州電力のホームページには引越し手続きの案内や各料金プランの他に、リアルタイムでの電気の使用率予想「でんき予報」を見ることができたり、ガスの利用申込みができたりします。

 

スポンサーリンク

《九州電力(九電)のマイページ 「キレイライフプラス」》

  >「キレイライフプラス」「Qピコ」詳細・続きはこちらのページ へ

 

 

(各種 申込みは、下記から)

九州電力 店舗一覧

九州電力 プラン一覧

 

(電話でのお問合せ)

九州電力 問い合わせ 電話番号

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました