「カテエネ」「カテエネ ポイント」「ビジエネ」「料金プラン」など中部電力(中電)のデメリット・メリット!

スポンサーリンク

「カテエネ」「カテエネ ポイント」「ビジエネ」「料金プラン」など中部電力(中電)デメリット・メリット!

「カテエネ」「ビジエネ」という言葉を耳にしたことはありませんか?

 

これらは中部電力(中電)が提供している会員向けWEBサイトです。

中部電力を契約しているあなたなら、もしかしたら利用したことがあるかもしれませんね。

 

しかし、それらのサービスの「メリット」「デメリット」について考えたことはありますか?

 

「メリット」や、「デメリット」を知れば、中電のサービスをもっとお得に活用できるかもしれませんよ!?

 

「カテエネ ポイント」や電気料金プランなど、他の中部電力(中電)のサービスとあわせて、知って得する「メリット」、知らなきゃ損する「デメリット」を、早速、一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク

中部電力(中電)の「カテエネ」「カテエネ ポイント」「ビジエネ」「料金プラン」などのメリット

中部電力(中電)のマイページ「カテエネ」のメリット

  • 中部電力の会員向けサイト「カテエネ」では、電気やガスの使用量を昨年の使用量と比較できたり、月別・曜日別・時間別に電気使用量がグラフで分かるようになっていたり、あらかじめ設定しておいた電気の目標使用量を超えたらメールで知らせてくれたりと、省エネに役立つサービスが大変豊富!

  • 「カテエネ」に新規登録すると「カテエネ ポイント」が最大300ポイント(300円相当)もらえる!100ポイント単位で電気料金の支払いや、他社ポイントへの交換ができるので、登録するだけでもメリット大!

  • 中部電力の電気料金プラン「おとくプラン」または「とくとくプラン」への加入で、毎月電気料金から100円割引が受けられるが、カテエネ会員であれば150円の割引になり、割引額が上がる!電気使用量が多ければ特に「カテエネ」の利用によるメリットが大きい!
  • 「でんきサポート by カテエネ」を利用すれば、前日の電気料金の概算や、当月の電気料金の予測を表示してくれる!
    月の途中でも1か月の電気料金予測が確認できるので、電気を使い過ぎていないか都度チェックできて節電意識も高まる!
    アプリを利用して確認することもできるので、毎日確認しやすい。

  • 「カテエネ」を利用していれば、毎月の電気料金が確定したら、貯まる予定のポイントと一緒にメールで知らせてくれるので、事前の資金準備に役立つ。
  • 「カテエネ」に情報を登録しておけば利用できる、「見守りお手伝いサービス」では、離れて暮らす高齢の家族などの電気の使用状況の変化をメールで知らせてくれる。
    なかなか会いに行けない場所にいる家族などは特に、電気を通じて生活の変化などを見守ることができるというメリットもある。

  • 事前に「カテエネ」で設定しておけば、停電情報もメールで知らせてくれる!緊急の際にも確かな情報が手に入るのは心強い。
  • 引っ越しの際の電気の使用開始・停止手続き、電気料金メニューの変更手続きなど登録に関する手続きも「カテエネ」上で簡単に対応できる!

詳細はこちら

 

中部電力(中電)の「カテエネ ポイント」のメリット

  • カテエネ ポイント」は電気料金・ガス料金200円の支払いに対して1ポイント付与される。
    電気とガス両方の契約があればよりポイントが貯められ、しかも、カテエネへの登録が完了していれば、毎月自動的に貯まっていくので利用者は手間いらず!

  • 離れて暮らす親族(二親等以内)も中部電力を利用している場合、「家族ポイント割」 の申込をすれば、「カテエネ ポイント」がどちらの家庭にも年間で1200ポイントもらえる!
    二親等以内なので、単身赴任中の家族と一緒に、一人暮らしの大学生の子供と一緒にといった使い方の他にも、「親子」に限らず 「兄弟」「祖父母と孫」 といった組み合わせも可能。
    簡単な登録でポイントが非常に多く獲得できるので、家族ポイント割を利用できれば大きなメリットに!

  • 電気料金・ガス料金の支払い以外にも、電気・ガスの使用実績の確認、コラムの確認、提携先のサービスの利用、アンケートへの回答等、「カテエネ ポイント」を貯める方法が非常に充実している。
    毎月のカテエネのコンテンツのチェックだけでも、2年間で最大1,680ポイントも獲得できる!

  • 近くのスーパーのチラシをアプリで見る、対象商品を買ってそのレシートを撮影して送信する、といったことでも「カテエネ ポイント」を貯められる!
    スマホアプリを使用して、日常生活のついでやスキマ時間にポイントを貯められる手軽さは嬉しい。

  • 「カテエネ ポイント」は1ポイント1円として、100ポイントから利用できる。
    カテエネへの新規登録や契約している料金プラン、家族ポイント割などのサービスの利用によってはすぐに貯められるポイント数であり、毎月、中部電力の電気料金の支払いにあてるといった使い方も可能なので、使い勝手が非常に良い!

  • 「カテエネ ポイント」は他社ポイントへの交換にも対応している。
    Tポイント、nanacoポイントなど交換先も数多く充実。

  • カテエネ ポイント以外にも、Tポイントなど提携先のポイントを電気料金の支払いに利用することもできる!
    提携先の多い他社ポイントであれば、普段の買い物などでも貯めやすいので、ポイントの使い道に困った場合に毎月発生する電気代として利用できるのは大きなメリット!

 

中部電力(中電)の「料金プラン」のメリット

  • 中部電力の電気「ポイントプラン」を契約していて、「カテエネ」に登録が完了していれば、入会時のポイント、電気料金・ガス料金の支払いに応じたポイント、カテエネをチェックして貯まるポイント、家族ポイント割で貯められるポイント全てあわせて、2年間で最大約5,050ポイントを貯めることができる。
    電気料金の支払いに、貯まったポイントを利用できるので、現状「従量電灯B」での契約があり、契約電流が10~30Aであれば、「ポイントプラン」への切り替えによって大幅に電気代が節約できる!

  • おとくプラン」の利用で、毎月の電気料金から100円の割引が受けられるが、カテエネ会員であればさらに50円の割引も追加され、毎月の電気料金から150円の割引、もしくはカテエネ ポイント150ポイントもらえるので、2年間の割引額は最大3,600円にもなる!
    また、その他にも獲得できるポイントと合算すると2年間で8,000円以上もお得になるので、現状、従量電灯B(40A~60A)や従量電灯C(6kVA)の契約であれば、「おとくプラン」へ切り替えた方がメリットが大きい!

  • カテエネ ポイントが貯められる、中部電力の電気料金プラン「ポイントプラン」や「おとくプラン」は2年間の契約が加入条件となっているが、転居などの事情により解約する場合に違約金などは発生しない。
  • 東邦ガスの「一般料金」「エコジョーズ料金」「がすてきトクトク料金」「あったかトクトク料金」「床暖トクトク料金」の契約がある場合、中電ガス(カテエネガス)への切り替えによってほぼお得になる。

  • 中部電力で電気とガスをセットで契約すると「電気・ガスセット割引(カテエネガスセット)」が適用され、ガス料金からさらに2%の割引が受けられる!

詳細はこちら

 

 

中部電力(中電)の「ガスプラン」のメリット

  • 現在、東邦ガスで「ファミリープラン(電気)」+「一般料金(ガス)」の契約があれば、中部電力で電気とガス(カテエネガスプラン1)をセットで切り替えた方が、ほぼお得になる。

  • 40~60Aの電気をガスとセットで契約する場合は、中部電力の電気料金プラン「おとくプラン」と中部電力のガス(カテエネガス)を組み合わせることにより、「電気・ガスセット割引(カテエネガスセット)」によるガス料金からの2%割引に加え、電気代からも年間最大1,800円割引されるので、中部電力でまとめたほうがお得!
  • 「キッチン」「お風呂」「暖房」などにガス機器を利用するガス料金プランである、中部電力の「カテエネガスプラン2」と、それに相当する、東邦ガスの「あったかトクトク料金」を、電気とのセット料金で比較すると、東邦ガスの電気「ファミリープラン」にさらに「暖房割引」を適用させた状態であっても、中部電力でガスと電気をまとめたほうがほぼお得になる。

  • 中部電力の、ガス温水床暖房を利用している家庭向けのガス料金プラン「カテエネガスプラン3」を、電気とのセット料金で東邦ガスと比較すると、「カテエネガスプラン3」が大変お得な料金設定になっているため、東邦ガスの「床暖トクトク料金(ガス)」と「ファミリープラン(電気)」の組み合わせに「床暖割引」をさらに適用させた状態であっても、中部電力のほうがほぼお得になる。

詳細はこちら

 

中部電力(中電)の「ビジエネ」のメリット

  • 中部電力の「法人」「個人事業主」向けWEBサービスの「ビジエネ」では、電気・ガスの料金や使用量を確認できる他、最適な電気料金プランの試算、省エネ情報の提供、雷・停電・地震などの情報通知サービス、チラシ作成サービス、販促サービスの利用など、電気に関することに限らず、ビジネスに役立つ魅力的なツールが利用できる!
    これほどの豊富なコンテンツがあるのに、「ビジエネ」への入会やサービスの利用は無料なので利用するメリットは大きい!

  • 「ビジエネ」から申し込みができるガス料金プラン「ビジエネガスプラン1」は、東邦ガス「供給約款(一般料金)」「小型業務用契約」「がすてきトクトク料金」から切り替えた場合、どんな使用量でもお得になり、特に使用量が多くなるほどおトク額もアップ!

  • ビジネス向けガス料金メニューは、使用量や用途にあわせて4種類の「ビジエネガスプラン」から選ぶことができ、東邦ガスと比べてもお得な料金になっている上、いずれも電気料金プランと組み合わせることによって、セット割引により、ガス料金から2%の割引が受けられる。

詳細はこちら

 

スポンサーリンク

中部電力(中電)の「カテエネ」「カテエネ ポイント」「ビジエネ」「料金プラン」などのデメリット

中部電力(中電)のマイページ「カテエネ」のデメリット

  • 会員向けサイト「カテエネ」では、電気に関するサービスは非常に充実しているが、ガスに関するサービスが少ない。

  • カテエネ ポイント」は指定の電気料金プランに加入することが前提となっているので、「従量電灯B・C」などに契約している場合には、指定のプランへ切り替えないとポイントがもらえない。
    割引額を考慮すると年間で大きく電気料金が変わってくるので、このことを知らなければかなりのデメリットに!

  • カテエネ会員であれば、対象の電気料金プランの加入により、毎月の電気料金からの割引、または、ポイントプレゼントといった特典があるのに対し、ガス料金に対してはそれらの特典がない。
  • 「カテエネ ポイント」は電気料金、ガス料金両方の支払いに応じて貯められるが、貯まったポイントは電気料金の支払いには利用できても、ガス料金の支払いには利用できない

  • 「カテエネ ポイント」を利用するためには、自身で「カテエネ」へ契約情報などの登録をする必要があり手間がかかる。
  • 家族ポイント割」は割引率が大きくかなりお得であるが、利用できるのは2親等以内の家族に限定されているため、中部電力圏内に対象の親族がいない場合には利用できない。
    毎月勝手に貯まっていくポイントであり、年間で獲得できるポイント数が他の方法と比べても大きな割合を占めるので、利用できない条件下では逆にデメリットと言える。

  • 「家族ポイント割」の適用の条件として、どちらの家庭も「カテエネ」に登録することが必要となっている。
    パソコンなどでの入力操作ができない場合には、どちらか一方の家庭が代理で契約者登録をする必要がある。
    また、都合によりどちらかの家庭が電気料金プランの契約を廃止した場合などは「家族ポイント割」の対象外となってしまう。

  • ポイントの獲得日の年度の2年後の年度末(3月31日)が有効期限となっている。
    使い切れなくても他の人への譲渡へできないので注意が必要。

詳細はこちら

 

中部電力(中電)の」「カテエネ ポイント」のデメリット

  • 東邦ガスで、「エコジョーズ料金」や「がすてきトクトク料金」などのガス料金プランと、電気料金プラン「ファミリープラン」を組み合わせると、30Aの電気契約では、中部電力で電気とガスをセット契約するよりお得。
    東邦ガスでこれらのガス料金プランに契約している場合には、中部電力への切り替えによって料金が上がる為、デメリットになってしまう。

  • 中部電力で電気とガスをセット契約する場合、電気契約が40A以上の場合には「従量電灯B」ではなく「おとくプラン」に切り替えなければ、一部条件下において、東邦ガスの「エコジョーズ料金」+「ファミリープラン」のセット契約の方がお得になる事に!

 

中部電力(中電)の「料金プラン」のデメリット

  • 東邦ガスの「あったかトクトク料金(エコジョーズプラン)」+「ファミリープラン」のセット契約を、中部電力の「電気」と「ガス」のセット料金と比較した場合、契約アンペアが40Aの条件下では、中部電力の電気料金プランを「従量電灯B」ではなく「おとくプラン」にして「カテエネガスプラン2」と組み合わせなければ割高になってしまう。

  • 東邦ガスの「あったかトクトク料金」の契約があり、浴室暖房乾燥機・衣類乾燥機の利用により「乾燥割引」が適用されている場合、契約アンペアが30A以上であれば特に割引率が高いため、東邦ガスの「ファミリープラン」と組み合わせたほうが多くの場合お得になる。
    中部電力で電気とガスをまとめて切り替えると割高になってしまいデメリットに!

  • 東邦ガスの「床暖トクトク料金(エコジョーズプラン)」+「ファミリープラン」のセット契約を、中部電力の「電気」+「ガス」のセット料金と比較した場合、契約アンペアが40~50Aの場合は、電気料金プランを「従量電灯B」ではなく「おとくプラン」にして「カテエネガスプラン3」と組み合わせなければ割高になってしまう。

  • 東邦ガスの「床暖トクトク料金」の契約があり、浴室暖房乾燥機・衣類乾燥機の利用による「乾燥割引」や、エコウィルの利用と併せた「エコウィル乾燥割引」が適用されている場合は、30A以上の電気と組み合わせた「電気」+「ガス」のセット料金において、断然東邦ガスの方がお得になる。
    電気やガスの使用量が多ければ、より切り替えによるデメリットが大きい!

 

中部電力(中電)の「ビジエネ」のデメリット

  • 中部電力の「法人」「個人事業主」向けWEBサービスの「ビジエネ」は、電気の契約後すぐに利用できるわけではなく、契約情報などの必要情報を新規で登録する必要がある。
  • 「ビジエネ」では、すべてのサービスが無料で受けられるわけではない。

 

スポンサーリンク

中部電力の「料金プラン」や「カテエネ」「カテエネ ポイント」「ビジエネ」って結局どうなの?

中部電力の「料金プラン」のデメリットとメリットのポイント!

中部電力(中電)の電気料金プラン、ガス料金プラン、セット料金などについて「メリット」「デメリット」を見ていくと、

 

中電の電気料金プランには、「カテエネ会員」になることにより、電気料金の支払いにも利用できる「カテエネ ポイント」を獲得できたり、割引率が上がってお得になるプランが用意されています。

 

「カテエネ」に登録して「カテエネ ポイント」を貯められるプランを契約することが前提ですが、その金銭的なメリットはかなり大きいので、今後、中部電力で電気の契約を考えているあなたは、是非、対象のプランを選ぶべきでしょう!

 

 

ガス料金単体で見ても、東邦ガスの料金プランから、中電ガス(カテエネガス)への切り替えでお得になるパターンが多くなっています。

 

電気とガスのセット契約だと、電気・ガスセット割引(カテエネガスセット)により、さらにガス料金もお得になるので、メリットが多いですが、東邦ガスの料金プランでも、割引率が高いものも用意されていて、一部条件下においては電気とガスのセットプランが、中電でまとめて契約するよりかなりお得になるケースがあるので、利用するガス機器や電気の契約アンペアなどから、一度、月々の料金を試算・シュミレーションしてから決めてみてはいかがでしょうか?

 

 

中電の「カテエネ」「カテエネ ポイント」「ビジエネ」はお得?

中部電力の会員向けサイト「カテエネ」では、利用しないことがデメリットになるほど、利用価値は高いと言えるのではないでしょうか。

 

まずは、「カテエネ」で利用できるさまざまな暮らしのサポートが非常に充実している点、そして、電気料金などで「カテエネ会員」の優遇が受けられる点、お得な「カテエネ ポイント」が獲得できる点などが、大きくメリットとして挙げられます。

 

カテエネ ポイント」の利用用途としては、「電気料金の支払いに利用できる」「他社ポイントに交換できる」などと非常にシンプルながら、ユーザーにとっては実用性もあり、「使う」ためのポイントと言っていいでしょう。

 

条件によっては非常に貯めやすいという点もメリットですよね。

 

中部電力の「カテエネ」では、ポイントをどれだけ貯められるかということが明確に示されています。

 

特に電気やガスの料金以外でのポイント獲得については、電力会社によっては不確定で明示していないこともあったりしますが、カテエネ上で分かりやすくポイントや割引額が表示されているので、とても親切です!

 

最後に、中部電力(中電)の「法人」「個人事業主」向けWEBサービスの「ビジエネ」ですが、こちらも登録さえしておけば、ビジネスに役立つ豊富なサービスが、一部無料で利用できます。

 

省エネ対策もできるので、利用して損はないでしょう!

 

 

以上、中部電力の「カテエネ」「カテエネ ポイント」「ビジエネ」などのサービスや、「料金プラン」などにおいてデメリット・メリットを見てきましたが、利用すればお得になるサービスが大変充実していることが分かりましたね。

 

中電を利用する場合には、それらのサービスも一緒に活用してくださいね!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました