ぐっとずっとクラブやエネルギアポイントと料金プランのデメリットとメリット

スポンサーリンク

ぐっとずっとクラブエネルギアポイント料金プランデメリットメリット

こちらのページでは中国電力について、電気料金プランや会員向けのサービス「ぐっとずっとクラブ」や「エネルギアポイント」などから、そのメリットやデメリットを通して、よりお得に利用する方法を探ってみたいと思います。

 

電気料金は家計に占める割合も少なくないので、中国電力に限らず、家庭に合う最適な料金プランを契約することや、「ぐっとずっとクラブ」や「エネルギアポイント」など、お得なサービスや情報のデメリットやメリットを見極めることは大変重要ですよ!

 

スポンサーリンク

中国電力のぐっとずっとクラブ・エネルギアポイントや電気料金プランなどのメリットや強み!

会員ならこんなにお得!ぐっとずっとクラブのメリット・強み

中国電力の会員制WEBサイト「ぐっとずっとクラブ」を利用すれば、電気の利用開始・停止などの各種手続きを、24時間いつでも好きな時に行うことができる。

夜中はマイページが利用できない電力会社もある中、「ぐっとずっとクラブ」であれば、引っ越しなどの急ぎの場合なども、仕事終わりに営業時間を気にせず手続きできるのは強みでありメリットとなりますよね!

 

「ぐっとずっとクラブ」では、電気使用量や電気料金を最大24か月分グラフで確認できる。

「ぐっとずっとクラブ」からデータをダウンロードして保存しておけば、中国電力の電気を利用している期間すべてのデータを後から見返すこともできる。

 

「ぐっとずっとクラブ」に会員登録すると、お得な電気料金プラン「ぐっとずっとプラン」が選べるようになる。

「従量電灯A」よりもお得なものや、夜間の電力がお得なものなど、「ぐっとずっとクラブ」会員になるだけで中国電力の電気料金プランの選択肢が増えてメリット大!

 

対象の電気料金メニューの契約があれば、「ぐっとずっとクラブ会員」限定の、お得な「エネルギアポイントサービス」を利用できる。

エネルギアポイントを貯めたり、貯まったポイントをいろいろな用途に使ったりできます。

 

 「ぐっとずっとクラブ」会員であれば、「中国電力×Shufoo!アプリ」が利用できる。

こちらを利用すると、スマホから「ぐっとずっとクラブ」へのアクセスが簡単にできるようになるという強みがあり、ポイントがもらえる抽選「エネルギアポイントチャンス」にも応募できるというメリットも。

 

「エネルギアポイントチャンス」はアプリ限定なので、アプリを利用しているだけで、ポイントが獲得できる確率がアップ!

 

また、近所のスーパーのチラシや街のお得情報もこのアプリでチェックできるので、普段の生活でも役に立ちますよ!

 

貯まる!使える!エネルギアポイントの強みやメリット|中国電力

「ぐっとずっとクラブ」への入会後、対象の電気料金メニューへ加入し、料金メニューを登録することにより、お得な「エネルギアポイント」を貯めることができるのが1番のメリット!

中国電力との電気契約開始後、検診日を過ぎてからの「ぐっとずっとクラブ」の登録だと、次月分からのポイント加算となってしまうため、初月からメリットを得るためにも早く登録して当月分からエネルギアPointをゲットしましょうね!

 

「ぐっとずっとクラブ」では毎月の電気料金に応じて、200円(税込)につき1エネルギアポイントを貯められるので、中国電力の電気を利用している限り勝手に貯まっていくという強み・メリットが!

ポイントサイトへの初回ログインで100P、その他、年1回の情報更新や、中国電力の契約に関する手続きなどでもエネルギアポイントを貯められますよ。

 

「ぐっとずっとクラブ」で必要な中国電力の手続きを行うだけでエネルギアポイントがもらえ、もらえるPointが多いのも強み&メリットですね。

 

「ぐっとずっとクラブ」では提携先との連携により、電気以外でもエネルギアポイントが貯まる。

指定のガス販売店とのLPガス契約があれば、ガス使用量に応じたエネルギアポイントがもらえます。

 

その他、セコムの商品やサービスを利用していれば、エネルギアポイントやQUOカードなどの特典が受けられるので、それらの利用を予定していたのであればメリットがありますね!

 

中国電力の「エネルギアポイント」は、広島ガス「広ガスPoint」または、中国新聞社の「ちゅーピー」への相互交換ができるので、どちらかの会社で一元管理していくことができ、貯めやすくなるというメリットも。

 

「中国電力の電気」と「広島ガスのガス」両方の契約があり、「エネルギアポイントサービス」と「広ガスPointサービス」両方を利用している場合、条件を満たせば「セットサービス」により、各社それぞれ年間で500Pもらえる!

広島ガス「広ガスPoint」と中国電力の「エネルギアポイント」は相互交換に対応しているので、1つにまとめた場合には1,000P貯められることになり、還元率が非常に高いというのは他の電力会社でなかなか見られない強み・メリットです。

 

貯めた「エネルギアポイント」は、中国地域への特産品への交換、日用品・商品券・提携先Pointへの交換、寄付や抽選など、選べる使い道が大変多いというのも強み!

また、ポイント交換数も200Pちょっとからと、少ないPointから利用可能。

 

首都圏で中国電力の電気を利用していて、「JALマイレージバンク会員」であれば、「JAL&エネルギア・ふるさとメニュー」に加入して、マイルを貯めていくことができる。

ぐっとずっとクラブのポイントの利用用途が、地元だけが強みでなく、首都圏の利用者にも配慮されたものになっていますよね。

 

「コラボレーションメニュー」に加入し、ポイントの交換先を一つの提携企業の特典に限定することで、そこでしか得られないお得な特典を受けることができる。

普段よく利用するような企業(店舗)のメニューを選べば、ぐっとずっとクラブのエネルギアポイントのメリットがより大きくなりますよ!

 

「ぐっとずっとクラブ」を友人に紹介し、その後、友人も入会したら、紹介者と友人両方にポイントがもらえるという特典メリットも。

ぐっとずっとクラブの この「お友達紹介プログラム」では、紹介者が獲得できるポイント数が500Pと非常にメリットが大きいんです。

 

>詳細はこちら

 

首都圏でも中国電力の電気がお得!ぐっとずっとプランなど料金プランのメリットと強み

中国電力の電気「ぐっとずっとプラン シンプルコース」は、基本料金がかからず、電力量料金単価がアンペア容量や使用量・使用時間帯に関わらず一律で、使用量が増えた分だけ電気料金も増える仕組みが強みに!

家族が多い世帯など、電力使用量が月々400kWhを超えるような比較的電力使用量が多い家庭では、使用量が多いほど「ぐっとずっとプラン シンプルコース」は「従量電灯A」に比べて料金が割安になるため、「従量電灯A」からの切り替えによるメリットが大きいですよ!

 

首都圏の「ぐっとずっとプラン シンプルコース」は、東京電力の「従量電灯B」と比較して、30A以上の電気契約であれば、ほぼお得になる。

こちらの電気料金プランも電気使用量が多いほど、「従量電灯B」を利用する場合と比べて月々の電気料金をかなり安く抑えられるという強みがあるので、首都圏でも、東京電力から中国電力の「ぐっとずっとプラン シンプルコース」に切り替えるメリットが大きい!

 

「ぐっとずっとプラン スマートコース」は、電力量料金は「従量電灯A」と一緒であるものの、最低料金が低く設定してあるので、「従量電灯A」と比較すると年間でおよそ1,300円お得になるというメリットが!

電力使用量が400kWh以下と少ない場合には、こちらの中国電力の料金プラン「ぐっとずっとプラン スマートコース」の利用がお得です。

 

「ぐっとずっとプラン ナイトホリデーコース」は、21時~翌9時、土日祝の電気代が強みで大変割安になっている。

中国電力「ぐっとずっとプラン ナイトホリデーコース」で契約すると かなり電気代を節約できるので、平日の日中は、仕事などでほとんど電気を使用しないというならメリットが大きいですよ!

 

「ぐっとずっとプラン 電化Styleコース」も21時~翌9時、土日祝の電気代がかなりお得になっている。

中国電力エリアで電化住宅を検討している場合や、電気機器の使用などで電気の使用量が多い家庭であれば、「ぐっとずっとプラン 電化Styleコース」で大幅に電気代を節約できる可能性がある。

 

詳細はこちら

 

スポンサーリンク

ぐっとずっとクラブのデメリットやエネルギアポイントや電気料金の弱み!

ぐっとずっとクラブとエネルギアポイントのデメリットや弱み!

電気料金の支払いを「振込用紙」での支払いにしている場合には、WEBから会員情報の登録をした後に「認証キー」を記載した中国電力からの書面が到着するのを待って、「ぐっとずっとクラブ」にそれを登録しなければならないというデメリットが!

その場合、「ぐっとずっとクラブ」の利用開始まで時間がかかるので、登録上の手間やスピードにおいてデメリットと感じられます。

 

「ぐっとずっとクラブ」入会後は、「電気ご使用量のお知らせ」など、書面での案内はなくなるというデメリットも…。

紙の検針票がどうしても必要な人には、ぐっとずっとクラブの入会はデメリットとなりますが、地球環境的には👍GOODですね!

 

ぐっとずっとクラブで「エネルギアポイント」を貯めるためには、対象の電気料金プランへの加入が必要だが、「従量電灯A」は対象外となっている。

他の従来からの電力会社も「従量電灯」は対象外となっているので、ぐっとずっとクラブのエネルギアポイントの弱みやデメリットとまでは言えませんけどね!

 

「エネルギアポイント」には獲得日の翌々年度末(3月31日)までの利用期限があるので、交換したい商品があっても、期限までに必要なPoint数を貯められない可能性もある。

東北電力のPointサービスは有効期限が5年という長さに対して、ぐっとずっとクラブのエネルギアポイントの期限の短さは確実に弱みであり、面倒くさがり屋さんには失効の不安もありデメリットですよね。

 

エネルギアポイントの交換に「コラボレーションメニュー」を選んだ場合、Pointの交換先はその中の一つに限定されるため、他に魅力的な商品やサービスが出てきた場合でも、後から変更したり、複数のメニューを登録することができないという弱みが!

 

また、ぐっとずっとクラブのエネルギアポイントの「コラボレーションメニュー」は原則、加入から1年は解約できないデメリットも。

 

選択は慎重に!中国電力の「ぐっとずっとプラン」など「電気・電力料金(プラン)」の弱みとデメリット

「従量電灯A」よりお得になる「シンプルコース」や「スマートコース」といった「ぐっとずっとプラン」の各電気料金は、ポイントを貯める貯めないに関わらず、「ぐっとずっとクラブ」への登録をしなくてはいけない。

 

島根県の隠岐島や山口県の見島など、お得な料金「ぐっとずっとプラン」に加入できない地域があるというデメリットも!

 

「ぐっとずっとプラン」加入者は、払込票や電気ご使用量のお知らせなど書面での案内を希望する場合、毎月55円(税込)の手数料が発生する。

「ぐっとずっとクラブ」でデータを全て確認できますが、パソコンやスマホの操作が苦手であったり、PCや携帯を持っていない場合には、かなりのデメリットや弱みとなりますよね。

 

「ぐっとずっとプラン」のシンプルコースやスマートコースは、電気使用量によって使い分けないと割高になってしまうという弱みがあるので、ライフスタイルに変化があった際など見直しをしないとデメリットに。

 

「ぐっとずっとプラン ナイトホリデーコース」は、9時~21時までの「デイタイム」の料金単価が夜間の2倍以上と大変高く、夏季はいっそう料金が上がるという弱み・デメリットも。

 

「ぐっとずっとプラン 電化Styleコース」も「ナイトホリデーコース」同様、デイタイムの料金設定が高いので、使用には注意が必要!

原則1年継続が必要なので、年間を通してライフスタイルが合わなければ、これらお得な「ぐっとずっとプラン」が役立たない。

 

「ぐっとずっとプラン 電化Styleコース」や「ぐっとずっとプラン ナイトホリデーコース」は、まず「スマートコース」または「シンプルコース」に加入し、その後、別途申込手続きをしなくてはいけないという手間が発生する。

 

【中国電力の首都圏の電気料金プラン】

首都圏で利用できる中国電力の電気は「シンプルコース」のみで、他の料金プランは選べないという弱みが。

 

首都圏での電気料金の支払い方法の弱みは、クレジットカード払いに限定されている点。

 

首都圏の「シンプルコース」には、3,300円(税込)と比較的高めの最低月額料金(基本料)が設定されているというデメリットも。

 

スポンサーリンク

ぐっとずっとクラブとエネルギアポイントや電気料金のデメリットやメリットから見えた!中国電力の強みと弱み

ぐっとずっとクラブや電気料金プランのデメリット(弱み)とメリット(強み)!

中国電力の会員制WEBサイト「ぐっとずっとクラブ」に登録すると、「過去の電気の使用実績の確認」や「各種手続き」「ポイントの獲得・利用」 などの便利なサービスが利用できるというメリットがあります。

 

しかし、それよりも「ぐっとずっとクラブ会員」であることが、お得な電気料金プラン「ぐっとずっとプラン」を契約する条件となっているため、中国電力の電気を利用するのであれば、会員登録は ほぼ必須です。

 

 

「ぐっとずっとクラブ」への会員登録は手間で、これはデメリットだとお考えかもしれません!

 

しかし、ずっと電気料金を支払い続けることを考えると、電気使用量が少ない家庭であれば 年間約1,300円、使用量が多くなれば、さらに 割引率も大きくメリットがアップするので、中国電力における電気料金プランは迷わず「ぐっとずっとプラン」を選ぶべきでしょう!

 

「ぐっとずっとプラン」では、ライフスタイルにあわせて4つの料金メニューの中から選べるようになっています。

 

その中で、使用量や生活時間帯にあわせて最適な料金プランを選ばないと、割高でデメリットになってしまい、せっかくお得な「ぐっとずっとプラン」を契約しても、そのメリットや強みを活かせない恐れがあるので注意しましょう。

 

ぐっとずっとクラブのエネルギアポイントのデメリット・弱みとメリット・強みのまとめ!

「ぐっとずっとクラブ」に入会して、対象プランの申込も完了すると、「エネルギアポイントサービス」の利用が可能になります。

 

中国電力の「エネルギアポイント」は使い道が多いのが強みで、利用するメリットが大きいサービスとなります。

 

「エネルギアポイント」は ぐっとずっとクラブへの登録が面倒だったり、有効期限が短いなどのデメリットも存在しますが、やはり、総合的に見るとメリットの方が際立っています。

 

このエネルギアポイントの強みやメリットの一つが、他社との連携による多様な貯め方や使い方が用意されているということです。

 

エネルギアポイント付与の対象となる契約やサービスをうまく組み合わせると、ポイント数をかなりゲットできる可能性があります!

 

 

また、「コラボレーションメニュー」の利用により、「エネルギアポイント」を他社サービスの割引や、共通Pointにお得に交換するといった使い道も強み(メリット)です。

 

「ぐっとずっとクラブ」でエネルギアポイントの交換先は利用者の多いサービスや店舗の特典が揃っているので、メニュー数はさほど多くはありませんがデメリットや弱みにはならず、得られるメリットは大変大きいでしょう!

 

 

「エネルギアポイント」は、電気料金に応じてポイント付与もされるため、中国電力と電気契約をしている期間中ずっと貯まっていくのもメリット(強み)です。

 

何もしなくてもポイントを貯められますが、年1回の情報更新だけで獲得できる30Pは、電気料金の使用量6,000円分に相当し、「お友達紹介プログラム」や「提携先とのセットサービス」だと、さらに還元率が上がります。

 

それぞれでゲットできるものが多いか少ないかは別としても、ぐっとずっとクラブの「エネルギアポイント」は さまざまな方法で貯めていくことができるので、どういった貯め方があるのかを知り、自分に合った方法をとることでデメリットよりもメリットがアップしていくことでしょう!

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました